スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.5弾先行公開カード

ガンダムレギルス
紫では初のコレクタブルになるカードですね。
交戦中のユニット限定とはいえ最低1コストですべての戦闘修正をなくせるのはありがたいです。
速攻は少ない紫なので部隊を組んでは難しいかもしれませんが、強襲で押していくタイプには良いかもしれません。

ガンダムAGE-3 オービタル
改装でブラスティアを出せるのはありがたいです。
高機動もついているのでブラスティアからコチラに改装する事もありそうです。
テキストの方は本国ダメージの方が重要度は高いかもしれませんが、専用機のセットが成立したキオが居れば回復にもなるので時と場合でしょう。

ガンダムMAモード
相手をザクレロにします。
現状もっとも修正の高い3/3/3のキャラが乗っていても、サイコミュ4で落とせるのでナカナカ。
また青では少なかった5国1コストの戦闘配備なので重宝しそうです。

ガンキャノン
上記の4点焼きをWB隊をそろえる事でできますが、通常構築では使われる事は少なそうです。
ただし貫通ダメージなので並べれば厄介な存在になるかもしれません。
スポンサーサイト

先行公開カード

ネグザ公式Twitte

ガンダムTR-1【ヘイズル改】(イカ ロス・ユニット)
場にいる全てのT3で高機動強襲パンチはナカナカ強そうですが、単体で考えると戦闘力が気になりそうです。
前回も言っていた、改装ヘイズル特徴T3が増えるのはT3デッキの強化になるので楽しみです。

ハイザックTR-2【ビグウィク】
単体で破壊しようとすると、カナリのコストを使ってしまいます。
改でマイナス修正を当てた後に使いたい所ですが、そこまでして使いたいかは疑問です。

エレゴレラ
戦闘配備こそないもののサイズと共有は良い感じです。
黒のクロボンはコスト低めで国力が被っているのでブーストもかみ合いそうですが、チョット遅いかもしれません。

公認店大会

ネグザフォーマットに参加してきました。
参加デッキは紫単
今回は参加者6人で50分3ゲーム制でした。

一回戦 青黒(ぶりじんさん)2-1
青黒00ベースにFAヘイズルや4弾アムロなどを加えた形でした、ユニークは立会人。
このタイプのデッキには高機動に対応する手段が少ないので高機動で打点を稼いでいくのが良いだろうと踏んで、どんどん削っていきました。
両面出撃した時にソレビから出てきたヘイズルに片面ユニットを破壊され片面をブロックされるなどされましたが何とか勝つことができました。

二回戦 赤単クロボン(チャイナさん)0-2
ハマーンや無能な士官まで入ったカウンター型のクロボンでした。
クランシェ飛行形態のおかげで多少は改善されたとはいえ、ユニット戦をしないといけない紫にはとてもツラいデッキでした。
キオやAGEビルダーをキッチリカウンターされ、ベルナデットが見えなかったのでブラスティアキャノンでキャラ乗りユニットを潰せればと思いましたが、士官で戻されるなど場を作ることができませんでした。

三回戦 青黒(カーリーさん)2-0
チャントご挨拶できませんでしたが、あとで別の方からカーリーさんだと教えていただきました。
デルタウェイブやバイオZなどが見えたので高機動も見れる形になっていたようです、ユニークは宇宙を駆けるでした。序盤からアストレアで殴られましたが、FXキオセットを作ることができ打点で巻き返せました。

ということで今回は2位でした。
いつもと違う場所で3ゲームだったので、普段とは違う方対戦できたので新しい発見があり、とても楽しかったです。

4.5弾先行公開カード

マスターガンダム(十二王方牌大車併)
2毎で使えるテキストという事で専用の構築にすればカナリのマイナス修正を見込めます。
一枚制限などもないのでクーロンあわせ、マスター系列が立っているだけでカナリのプレッシャーなることでしょう。

マスター・アジア
配備とはいえ茶にアンタッチャブルが出たのはありがたいです。
νガンダムにテキストを消され棒立ちという事も減るでしょう。
盤面を見て警戒すべき国力を宣言していきましょう。

ジム・クゥエル[ヘイズル予備機]
テスト小隊と選択の採用になりそうです。
メリットは、ユニットなので戦力になる、改装ヘイズル系、特徴T3部隊
デメリットは、コスト黒1、敵軍帰還のみ
手札に戻るのはどちらともいえないでしょうか、ノブッシと貴婦人修行の選択に近いものを感じますね。

スカウティング
今の環境では自軍配備4国では使うのは難しそうです。
ただ黒で自軍のみ手札が増えるカードは少ないので、今後活躍するデッキは出てくるかもしれません。
また現環境ではトップレベルのイラストとフレイバーが面白いカードだと思います。
右上のオッサンが持っている植木と同化してシニョンを付けてるように見えるのが個人的なツボです!

Twitter先行公開カード

ついにネグザ公式アカウントでカードが公開し始めましたね。
なんか、おっかなびっくり感のあるツイートで笑ってしまいました。

さて内容の方です。

アルトロンガンダム
サイズは6国としては標準サイズではないでしょうか。
強襲持ちである五飛を即セットできないのが気にはなりますが、テキストはシステムユニットや低国力帯のユニットを潰していけるのは優秀ですね。
射撃値高めのユニットやキャラを後ろにつけられたり、サイコミュ持ちなどが増えてきているので防ステを抜けれるかが鍵になりそうです。

M1アストレイ
プレイ前提で追加2コストは重そうです。
単体運用にしても、戦闘配備orクイックが欲しかったですね。

アストレイブルーフレームセカンドL(ローエングリンランチャー)
アストレイ系が改装すると2コストでメガバズ効果を使える。
メガバズはデルタウェイブとシナバズがあっての復権だったように思えます。
耐久5を破壊がどこまで活きるか、マイナスをかける方法があるのかで変わってきそうです。
あとはアストレイ系で活用できるユニットが増えて欲しいですね。

公認店大会

ネグザフォーマット大会に参加してきました。
30分1本制
使用デッキは紫単です。

一回戦 青緑CCA(BANくん) 時間切れ
ホビーハイザックも入っていたので静岡大会の優勝デッキに近いのかと思います。
こちらのハンガーにあるブラスティアキャノンと相手の配備にあるヤクトドーガの見せ合いで時間が長引いてしまいました。
先に出撃してきたのは相手だったので、ソレを落としてからどう動くかというタイミングでの時間切れでした。

二回戦 青赤UCCCA(レッドコートさん) ×
ユニットを高国力帯にまとめ、大量のドローとカウンターで有利に動くというデッキだそうです。
序盤で出したダメージはνガンダム初出撃で回復された上にプルトゥエルブのゲインで赤バナージを引かれてしまいました。
その後デスバンシィにバナージがセットされてしまし、そのまま殴り負け。

三回戦 黒赤クロボン ×
デスゲイルズ系のユニットのもろさをベルナデットで補いつつ共有で盤面を固めていく形のようでした。
CWによる多彩な特殊効果は優秀でですね。
残っているコストから得れるCWの数を取り違えてしまい、クランシェを失ってしまう痛恨のミスをし取り返せずに負け。

四回戦 茶単X(さちこさん) ○
ベルディゴ系を並べNTとセットで盤面を固めていく形でした。
カリスのサイコミュ+1や終盤のティファからグラフィックを回収されガンダムX量産するのはいやらしかったです。
なんとかハモニカ砲をブラスティアで落とせたので、CW高機動を気にすることなく高機動で殴りぬけました。


その後フリプレをしていましたが茶が人気なようで6人中4人が茶でした。
対戦した茶もナカナカ面白い動きをしていたので、今後の公式戦で結果がでるかもしれませんね。

4.5弾カード

今回は先行公開がずいぶん早い段階から見え始めましたね。
いつもどおり初見の印象を書いていきたいと思います。

Hi-νガンダム
グラフィックをリロールさせて自軍ユニットをパンプする効果。
Gが起こせるカードが少ないので使い勝手がイマイチわからないのですが、自身ではなく自軍ユニットなのが良いですね。
自軍ターンでもオペなどでGを使いつつアドバンテージに変えるカードが出ると良いのかなと思います。
今の所は新機軸の兵器で回復しつつと言う程度しかないでしょうか?

ロンド・ベル
相手のターンに余ったコストを使いつつ回復と装弾ドローに変えられる、使い勝手の良いカードだと思います。
ただ青のCCAには優秀な装弾が多く回復も多いので、今後見えてくるカードしだいかと思います。

サザビー(拡散メガ粒子砲)
自身が戦闘エリアにいる場合、2コスト使ってGを廃棄して、戦闘エリアにいるカードをバウンスする。
非常に条件がキツイカードです。
サイコミュも付いている事ですし守りに使って本国に打点を通さない動きしかできない気がします。
そうすると強襲とかみ合わないですね・・

拡散メガ粒子砲
大盤振る舞い感のあるコマンド。
序盤に引いた場合はGの装弾として、盤面が硬直して場合には打開するカードになりそうです。
もしこのカード1枚で大型ユニットを落としたい場合、相当なコストを残しておかなければならないので、ソコまでの期待はせずに半端なアタッカーに当ててドローを稼げると良いですね。

ガンダムサンドロック改
耐久7とサンドロック系は良いのですが、テキストがユニット限定なのが引っかかります。
必要な時に破壊無効にできないとツライですね、トップが確定してからにしておきたいです。
トップの確認手段としてマグアナック系は真っ先に見えますね。
やはりセットで使って行きたいです。

マグアナック(ラシード機)
白に強襲が付くとなとてもありがたいですね。
終盤のパンチ前にプレイして強襲打点でイッキに本国を削りたいですね。

クィン・マンサ
サイコミュ4と部隊戦闘力を落とす効果で、相手の出撃をかなり抑制できそうです。
Gを起こす効果も赤である事を考えると有りがたいですね。
戦闘力も高く場に出てからの仕事は多そうですが、このカードでゲームが決めれる戦闘能力ではないので手札と相談しながらGを伸ばしましょう。

ドライセン(オウギュスト機)
2国でこの戦闘力は破格ですが既存のデッキには入らなそうですかね?
後攻でもアストレアにぶつけられるのも良いところでしょう。
4弾のマシュマー系も含めて赤単ウィニーも出てくるかもしれませんね。
テキストはマイナスのようにも見えますが、各々のデッキで構築段階からプランができているハズなので早い段階で奪われることはないかと思いますが、ミラーや茶などには注意が必要です。

ハサウェイ・ノア
戦闘修正は貧弱ですが、低国力でクイックを持ったNTというトコロが良いですね。
飛び出す効果の方はカガリと同じような使い方ができると良いですね。

虹色の輝き
さっそくユニークの登場ですね。
破壊もダメージも受けないので、除去への耐性を持たせつつ混戦の場合は1対多数のカードを持って行けるかもしれません。
しかし青のユニークは多いのでデッキに合わせたカードを選ぶのが重要です。
またこのカードはカウンターすることができますので過信は禁物です。

ネグザツアー静岡大会

静岡大会に行ってきました。
参加された皆さんお疲れ様でした。

ネグザの大会参加人数は120人程度だったようです。
来場者数と会場の大きさも丁度良かったようですし、スタッフもシッカリと配置されていたのでGPの時のようなストレスを感じることなく、ネグザを楽しめたので今後のツアーにも期待が持てました。

さて、大会内容です。
今回は紫単を使っての参加でした。
レシピはこんな感じです。
紫単

一回戦 赤青UC 2-1 後攻スタート
赤を濃いめにシナバズをフィニッシャーに置いたデッキのようでした。
新弾カードは「泣き虫セシリア」くらいだったように感じます。
ACEはバナージでした。

二回戦 緑単ウィニー 0-2 後攻スタート
ジオン単といった感じでしたね。 新弾カードは「垣間見える時」や「シャア専用リック・ドム」あたりでしょうか。
「エルメス」や「シャア・アズナブル」などは見えませんでした。
ACEはシャアでした。

三回戦 白単 1-2 後攻スタート
WとSEEDのハイブリットな白単でした。
新弾カード「ガンダムヘビーアームズ改」や「ナタル・バジルール」など。
ブスーステッドマンやデスヘルは見えませんでした。
ACEはガロードとクルーゼを張り替えて使っていました。


ここで負けてしまったのでドロップしました。


その後はガンスリンガーに参加しました。
8割が緑単ジオンでしたが、他にも赤緑やテロリスト、黒単TRなどを使われている方もいらっしゃいました。


今回優勝したデッキは青緑CCAとの事です。
デッキタイプがどのようなモノになっているか公式のレシピ掲載が期待されます。
あと3回は今の環境での公式大会になるので、今回の結果が次回以降にどのように反映されるかも楽しみですね。

茶黒赤装弾

茶黒赤装弾
以前上げた輝きっぽいデッキの改善版です。

以下変更点
・入れているつもりでいた再登場をチャント入れました。
・後攻3T装弾すると高確率でハンドオーバーするので、改善の為の低国力カード
 →特に鉄拳制裁は早い段階では相手の手札の切迫に、後半ではドローしたカードを落とす役目になります。
・ユニットは黒と茶のみに
 →マヒロー:ジャンクにコマンド以外が落ちなかったので出撃で落としたり、爆撃に巻き込ませる
 →X2改:同上の理由で爆撃ターンは遅くなるがターンXやバンデッドを落としつつ相手のユニットを削れる
 →ラクシャサ:シャルを乗せて爆撃を通過することで高機動9点パンチャーになる

などといった部分です。

Gに置く選択肢が増えたのでまわりやすくなったと思います。

mixi杯に行ってきました

使用デッキは紫単
参加者27人
1セット50分の3ゲーム制

1回戦 不戦勝

2回戦 白単(チャイナさん)0-2
Wベースにパーフェクトストライクを積んでいる形でした。
・Wデッキには早いうちにプレイできる高機動が少ないので、こちらの高機動ビートは有効でした。
・4TにAGEビルダーをプレイした場合は自軍ターン中にドローしましょう、デスサイズで割られます。ドローしたAGEビルダーを相手が割ってくれた場合はキャラ割られなくて済んだと思いましょう。
・ヘビーアームズ改のテキストを使われるとクランシェカスタムは1回で破壊されるので気を付けて国力を使いましょう。

3回戦 クロボン(レッドコートさん)0-2
X2改をタッチして配備もさわれるクロボンでした。
・ベラロナさえいなければ高機動への対策はほぼないので優先的に割りましょう。
・ほぼスグにキャラセットでき合計7以上になるのでX2改はあまり脅威ではないかと思います。
・このデッキは意外と紫要求のテキストが多いので胸のときめきで貰ったカードをGにする場合は特に気を付けましょう。

4回戦 黒単TR(クラミティさん)2-1
今弾注目のデッキですね、3Tにヴァナルカンド共有4TでロスヴァイセがGにして手札をうかせていました。
・TRも高機動には強くないので、除去に気を付けつつ殴りましょう。
・FAで破壊されてもソコソコ大きめのチップがでるので慌てずに対処しましょう。
・出撃前にFXキオの3パンプしていればリンクしていない猛撃をAGE-1避けれるので場合によっては使いましょう。

という感じで14位でした。


全体を見てTRとCCAが多かったです。

4回戦が唯一3本目まで行ったのですが時間がキツキツでした(少しオーバーしてた気もするくらい)

今回はユニークを介入行動にしていました、4回戦のヴァナルカンドには刺さりましたが1回戦のマグアナック隊には運命の奔流の方が良さそうで一長一短ですね。

テキストを使用する予定がなくても戦闘フェイズ出撃前に全てのクランシェ系にCWでクランシェカスタムのテキストを渡すことを徹底しましょう、場合によっては相手カードを使ってくれたり焼きに対応できる事があります。


結果は振るわなかったですが楽しい大会でした。
参加された皆さん、運営の皆さん、おつかれさまでした!
プロフィール

ゆう

Author:ゆう
ツイッターもやってます!よかったら仲良くしてやってください♪

ツイッター:you_myamya

主にTCGガンダムウォーネグザ、その他ゲームやアニメの話をしていると思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。